猫グッズのあみぐるみ販売・東広島市のかぎ針あみ教室のあみぐる屋


あみぐる屋公式ブログ

あみぐるみづくりをはじめたときのこと。その3

2018/06/18 23:22:37  あみぐる屋のこだわり
回顧録、つづきます。
ちょうど、「あみぐるみ技法書」たるものが発売されたそうです!
きっと私の知らないテクニックも満載なんだろうなと早く手に入れたいのですが、なかなか機会がなく、、、
そしてますます、そういえば私って今までどんなものを作っていたんだっけ?と思い返すようになりました。

よく聞かれるのが、「最初に作ったあみぐるみは?」「あみぐるみづくりを始めたきっかけは?」という質問です。
その答えたちが、写真の手前の方で寝そべりまくっている(笑)、「あみねこ」さんたち。
学生自体の友人に、「編み物できるなら作ってよ」とHPのアドレスと毛糸を送り付けられたのが最初でした。

そういえば、私も、最初は
「あみぐるみ!?いや、あれは普通の編み物とは違うんだけど。私には無理!」
って言ったような気がします。でも、HPのたくさんの可愛いあみねこさんを見て、私も作りたくなっちゃって。
そこからドハマりしたのでした。
あみねこさんが最初だったので、私のあみぐるみには胴体が人形のかたちになっているものが多いのかもしれません。
四つ足の動物は、苦手です。
というか、作れません。。。
は、早く「あみぐるみ技法書」欲しい・・・

この頃はまだ、猫も飼ってなかったんですけどね。
なので、勝手にアレンジしてくまとかうさぎとか作ってたかもしれません。
今思えば、耳のバランスとかはこの頃からもう適当にやっていたので(笑)、今のかたちを作る試行錯誤の第一歩でしたね。
いい意味で言えば、「アレンジ」ってやつです。
おかげで得体のしれない生き物もいくつも生み出しました(笑)
よーく見ると、写真の中にも何匹かいますよ~

コメント

コメントはありません