猫グッズのあみぐるみ販売・東広島市のかぎ針あみ教室のあみぐる屋


あみぐる屋公式ブログ

ふわもこを編むコツは?

こういったふわふわもこもこな毛糸って、糸の種類によってはとても編むのが
難しいんですよね。
このもこもこしたところに編み目が埋まって、どこに針を刺していいのかがわからない!
そんなときには。。。
こういう感じで、見た目にもわかるように、編み目が見えなくてわかりづらいんです。
仕上がりが布っぽくなってこれはこれでほんとに可愛いのですが、編んでいる最中は
この編み目が見えないのがネックになっちゃいます。

ちなみに棒針編みだと、糸が掛かっている状態で編み進むので、そこまでネックに
ならず結構簡単に編めちゃいます。
初心者さんには棒針編みがダンゼンおすすめですっ

かぎ針編みは、前の段の編み目に針を入れなければならないので、前の段の編み目が
見えないと「どこに針を入れればいいの?」ってなっちゃうんですね。

私なりの、編み目が見えないときのコツ。

それは、、、

編み目をイメージする!

細編みには、

「頭」



「足」

があります。この形は、よほど変な編み方をしないかぎり、ずーっと同じ
はず。なので、左手で触って、この「細編みの頭」を探ります。
糸が2本、横に渡っているところがそうです。

見えないですが、触って細編みの形をイメージし、細編みの頭に
針を入れるんです。

さらに慣れてくると、なんとなく針を入れる場所が一定になってくるので、
探らなくてもわかるようになってきます。

そうすれば、グンと制作時間が縮まります♪

が、やっぱり普通糸よりは時間がかかりますね、、、
大変なことには変わりないので、初心者さんにはあまりおすすめ
出来ません(;^_^A

こういったことも、インスタライブで配信したいのですが、、、
咳風邪が全然治らず、延び延びになっちゃってます、、、
授乳中なので薬も飲めず汗
おとなしくぬくぬくにして編みながら治るのを待つしかないようです、、、


コメント

コメントはありません