ディズニーツムツムの編みぐるみ*その1


tumutumu1

私の周りでも話題沸騰中!?のこちら!

ディズニーキャラクターのツムツムが編みぐるみになったキットにチャレンジしてみました~。

いちおう、私も講師のはしくれですので!ちょこっと気づいたこととか、本だけじゃわかりづらかったポイントとかをまとめておこうと思います。

気になってた~!という方、
これから作るわ!という方、
買ったけど放置中な方(笑)、
ぜひ参考にしてくださいね~♪


☆糸と針について☆

まず本屋さんでキットを手にしたら、「かぎ針」を確認しておくことをおすすめします。
キットの中にかぎ針がセットされていますが、編むときは別のかぎ針を使った方がいいです。
でも制作中に使いますので、捨てないでくださいね。

かぎ針は100円ショップのものでも構いませんが、できれば手芸屋さんで買うことをおすすめします。
編みやすさが断然違います。
ハマナカ、クロバー、チューリップといったメーカーがポピュラーですね。
ちなみに私はチューリップのピンクのかぎ針を愛用しています♪

image

糸は、こんな感じで束にまとめられているものもありました。
紙を外すとバラバラになってしまうと聞いたことがあったので、紙は外さずに使ってます。
外側の糸端がすぐに見つかりますが、あえて中心部分の糸端を探して使いました。
そうすることで、ずっと紙を外さずに編み進められます♪

image

途中でひっかかったら、無理に引っ張らずに糸の塊をごぽっと出しておいて、ゆっくり解いてください。
たいてい、くるくる巻いてあるだけなので、「ヨリ」を戻せば解けますよ~。

☆顔を編みます☆

この全体の編み図の中の最難関が、最初に出てきます。
これさえクリアすればあとはラクチン♪
ただここで挫折しちゃう方も多いそうです。。。

増し目をする箇所が不規則なので、出来るだけほんとにらめっこしながら編み進めるとよいです。
私は、1、2、・・・13で色を変えて、14、15、16で。。。と数えるのではなくて
増し目をしたら、4目。
色を変えたあとは、2目。

というように、何もしない細編みの数だけを数えてました。
で、1段編み終わったら全体の数を数えます。

1目くらいだったら合わなくても気にしない(笑)

明らかに穴が開いてるとか、見本と見比べてあきらかにずれてるとかでない限り
間違えててもそのまま進めます~
出来上がったあみぐるみを見て「あ!ココ目の数が違うね!」なんて言う人いませんので(笑)

顔が可愛かったらなんでもいいんですよ。

 

☆チェーンステッチをします☆

増し目&色変えの苦行が終わったら、ひたすら前の段と同じだけ編んでいけばOK♪
テレビを見ながらでも出来るようになります。
ああ!今は話しかけないでよ!!ってピリピリしなくなります。

赤い毛糸も数段編み進んだら、顔の周りをチェーンステッチです。

段の境目がこれでキレイになるんですね!
なんという名案っ!

ただ、チェーンステッチをしてもやっぱり境目が目立ってしまって、
黒いマジックで塗りつぶしたという方も見かけました・・・。
ということが編む前にわかっていたので、ちょっと気を使ってみました。

 

チェーンステッチに入る前に、内側のいろんな糸端は結んで短く切っておくことをおすすめします。
私はなんどか巻き込んで大変なことになりました。。。
とくに、休めてある赤い糸。これを拾わないように気を付けてくださいね。
思いっきり拾ってしまって、やむなく切りました。。。

それから、ここで付属のかぎ針を使いました。
グリップのあるかぎ針だとちょっとしか刺さらないので不便だったので。

image

糸を引き出すときに、だいぶ緩めに引き出しておいて、次の目に引き抜くときに、引き締めます。
肌色の毛糸が隠れるようにしたいので、私はかなり緩いステッチをしました。
それでも隠れない部分は、一番最後に足を付けるときなどに、刺繍の要領で埋めました。

*** *** *** *** *** ***

とっても長くなりそうなので、次回に続きます~